妊婦さんとビタミンAについて

妊婦さんとビタミンAの過剰摂取について

 

妊娠中は、出来るだけ沢山の栄養を摂った方が良いと言われています。

 

しかし、逆に摂り過ぎてはいけない栄養も沢山あるのです。

 

どんな栄養でも、過剰摂取をすると体に悪い影響を与えてしまいます。

 

 

中でも、ビタミンAの過剰摂取は避けて下さい。

 

ビタミンAは、脂溶性ビタミンの一種です。

 

脂で溶ける効果を持ったビタミンAは、体外に排出されにくく沢山摂ると体内に蓄積されていきます。

 

妊婦さんがビタミンAを過剰摂取し体内に溜まると、胎児がリスクを持って生まれてくる可能性が高くなってしまうのです。

 

ビタミンAの種類

 

ビタミンAには、ベータカロチンとレチノールの2種類があります。

 

ベータカロチンは、野菜や植物性の食品に含まれているビタミンAです。

 

体内に摂りこんでも必要な分だけビタミンAに変換されるので、沢山とっても問題はありません。

 

 

しかし、レチノールは体にどんどん蓄積されてしますビタミンAです。

 

その為、レチノールが含まれている動物性食品の過剰摂取は控えた方が良いかも知れませんね。

 

 

レチノールは、動物性食品の中でもレバーやウナギ等に多く含まれていると言われています。

 

勿論、普段バランスの摂れた食生活をしていれば過剰摂取になる問題はありません。

 

これらの食品を過剰摂取した場合に体に害が及ぶ可能性が有るので、出来るだけ沢山摂り過ぎないようにしましょう。

 

 

勿論、レチノールはサプリメントでの過剰摂取もお奨めできません。

 

サプリメントにはいろいろな種類が有りますが、妊娠中はビタミンAのサプリメントはβカロチン系のものであれば安心して摂取できると言えます。