妊娠中の貧血について【原因や解消法】

妊娠中の貧血の原因とは?

 

妊娠中でも特に初期は、貧血が起こり易くなってしまいます。

 

貧血になる原因は、鉄分不足です。

 

妊婦はどうしても、食事が偏ってしまい栄養不足が生じてしまうでしょう。

 

そのせいで貧血になり易くなってしまうのです。

 

 

貧血になると、めまいや動悸、ふらつきや息切れ、体の冷えを感じてしまいます。

 

お腹に胎児がいる時に、急にふらつき倒れてしまうと危険な状態になる可能性もあります。

 

出来るだけ鉄分を補給して、貧血を防いで下さい。

 

妊娠中の貧血解消法

 

鉄分不足を解消する為には、サプリメントが一番良いでしょう。

 

サプリメントはあくまで栄養補助食品ですが、十分な食事をとる事が出来ない妊娠初期にはサプリメントからの栄養補給がとても大切になります。

 

 

勿論、食事から鉄分を摂れる人は食事から摂った方がより良い鉄分を吸収する事が出来ます。

 

しかし、胎児は成長と共にどんどん鉄分が必要となり、それに伴い妊婦もしっかりと鉄分を補給しなければいけなくなります。

 

その為、普段から鉄分のサプリメントを摂取していれば、鉄分不足にならないかも知れませんね。

 

 

妊婦の貧血は、とても大変な物です。

 

基本的に、妊婦の体内の酸素や栄養は胎児に優先的に運ばれている物です。

 

 

もし貧血状態になり母親の栄養や酸素量が減ると、胎児も母体も十分な酸素と栄養を補給する事が出来なくなってしまうのです。

 

特に、妊娠後期まで貧血の症状が続いていると、出産時に悪影響を与えてしまう可能性もあります。

 

しっかりと栄養を摂り、貧血を改善しましょう。