妊娠中の手足のむくみについて【原因と解決法】

妊娠中の手足のむくみの原因とは?

 

妊娠中は、通常よりも手足のむくみが酷くなりやすい時期です。

 

原因として、血流が良くなる事が挙げられます。

 

 

妊婦は胎児に、血液を通して栄養を送らなければいけません。

 

その為通常よりも血液中の水分量が増えてしまい、体中の水分が増えてしまうのです。

 

このせいで、体がむくみ易くなってしまうと考えられています。

 

 

他にも多い原因と言えば、水分とを摂り過ぎていたり塩分の摂り過ぎ、手足が冷えてしまったり睡眠不足になる場合が有ります。

 

妊娠中は普通の食事が食べられず飲み物ばかり摂取してしまう人も入るかも知れません。

 

体調不良で睡眠を十分にとれない場合もありますよね。

 

これらが原因で手足のむくみが生じてしまうのです。

 

ノン真鍮の手足のむくみ解消法

 

手足のむくみ自体に影響はありませんが、手足のむくみが起きると言う事は母体が余り健康ではないという表れです。

 

特に、冷えや立ち仕事、座ったままの姿勢を繰り返す等は余り体に良く有りませんよね。

 

睡眠不足の他に過労の場合もむくみ易くなってしまうので、ゆっくり休む事をお奨めします。

 

 

むくみ対策で一番良いのが、寝る前の水分を控える事です。

 

睡眠前に水分を沢山摂ると、お腹が膨れてしまい十分な睡眠をとる事が出来ない場合が有ります。

 

体も冷えてしまうので、妊婦には良くないでしょう。

 

 

同じ姿勢でいない事、塩分を控えた食事を作る事、そして、タンパク質を摂取する事なども良いのではないでしょうか。

 

睡眠不足の場合や疲れている場合は、日中でも良いのでゆっくりと休む時間を設けて下さいね。